生体認証

Posted on 07/04/2017 By

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

また、昨今ではオートロックの技術は向上しており、以前では考えられなかったようなロックの仕組みが利用できるようになっています。例えば、その1つとして、生体認証があります。これは、ユーザー自身が鍵となる仕組みのことを言います。絶対に偽造されることがないというのが最も大きなメリットです。

それでは、利用できる生体認証としてはどのような仕組みがあるのでしょうか。まず、一般的なものとしては「指紋認証」があります。専用のパッドに指を当てることによって登録されている指紋と照合を行い、認証された場合にのみ、鍵を開く仕組みとなっています。ユーザーであれば簡単に開けることができるのが大きな強みです。

また、指紋認証に伴う形で行われることがあるのが「静脈認証」というものです。これも生体認証の一種であり、登録されているもの以外では開けることができないためセキュリティーレベルを上げることができます。

さらに、昨今利用できるようになっているものとして「瞳認証」があります。瞳孔も指紋と同じく人によって違っているものであるため、カメラに対して瞳孔を見せることによってロックを解除できる仕組みとなっています。予算は高くなりますが、セキュリティーを高めることができます。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

未分類